真夜中のラブレター現象

関ジャニ∞とアイドルのときめく何かを宣伝中。

それでも私は辻野かなみを選ぶ


こんにちは!
突然ですが皆さんは『ときめき♡宣伝部』というグループをご存知でしょうか?



おそらく世界、いや日本の98パーセントの人は知らないだろう。
ですが、今この記事を見てくださっているあなたは!今!!ときめき♡宣伝部と出会いました!!おめでとうございます!!!





ときめき♡宣伝部

スターダストプロモーション *1 所属
キャッチコピーは「君のハートにロックオン!!」
メンバーは、

辻野かなみ(ときめき♡ブルー)
小泉遥香(ときめき♡ピンク)
坂井仁香(ときめき♡レッド)
吉川ひより(ときめき♡グリーン)
以下、2017年加入の新メンバー
小高サラ(ときめき♡パープル)
藤本ばんび(ときめき♡レモン)

さすがスターダストプロモーション!と言わんばかりの美人揃い。可愛い。



さて、本題に入ろう。
題名の通り私は辻野かなみ(通称 かなみん)推しである。

悩んだ挙句卒業した真心ちゃんから推し変しました。


高校3年生でグループ最年長。黒髪ロングの髪の毛と猫みたいなつり目がチャームポイント。可愛い。ライブではMC担当を務め、ブログでは毎回最後にグループの活動をまとめてくれているリーダーっぷり。そして声がものすごく高い。可愛い。

ちょっと待てよ、これだけ魅力がたっぷりあるなら非の打ち所がないんじゃ…?





…… なんてことはない。
神はかなみんに二物も三物も与えた代わりにとんでもない代償を課す。それは、絶望的なリズム感と歌唱力である。冗談とか貶しとかのレベルじゃない。

恐ろしいことに、デビュー曲『土っきゅん♡少女!!』のソロパートは台詞のみ。2番はあるだろう、落ちサビはあるだろう、と聴いていくとガチで1回も歌っていない。



シングルが出る度に、かなみん推しではなかった私ですらかなみんのパートをひたすら探すという切なさ。何回かソロパートを貰えたことはあったが、台詞or台詞じみたパートだけ。

ライブ『ときめき♡宣伝部のわくわく♡ファンミーティング vol.2』で披露したレモンジュースという曲では台詞のタイミングさえも合わない *1 という事態に。1人だけちょっとズレている。もはや、ここは私でも歌える…なんて感情すら芽生えてしまうほどだ(図が高い)。


挙げ句の果てには、台詞部分すら他メンバーに回されるという問題が発生。

大丈夫なのだろうかと不安になったのは絶対に私だけじゃないはず 、、、




しかし、ここでまさかの急展開。


3rdシングル『むてきのうた』リリースイベントで開催されたソロ曲争奪グランプリでかなみんが優勝。

それはまあ全国のかなみんファンが喜んだし、普段台詞しかない子が1曲丸々歌ったら何人かぶっ倒れるんじゃないかと。正直、期待より不安の方が大きかった。



グループ初のソロ曲『ツヨクなる』。

上手ではないけど力いっぱい全力で歌う声を聴いて、かなみんが今までどんな気持ちでソロパートのない曲を歌ってきたのか、私たちには分からないほど辛くて重いものをまだ高校生の小さな体が負っていたのかと思うと自分がちっぽけすぎて情けなくなってくる。



そしてユニバーサルミュージックからメジャーデビューが決まり、メジャー1発目の曲は『ガンバ!!』。私は意を決して曲を再生した。




♪「絶対に無理だ」なんて〜

( ひとちゃん相変わらず可愛い、さすがセブンティーンモデルは次元が違う。しかも表情が豊かだから見てた飽きな…


♪ そんなの認めない!


?!かなみん??!かなみんが歌ったのか??!?!


序盤でのかなみん登場にプチパニック。あの辻野かなみさんがお歌を歌われになったぞ!!!っていう号外を新橋の駅前でいろんな人に渡すべき出来事だった。

ちなみにこの曲のソロパートはここだけ。

… でもまあそんなの知らねえ!!
メジャーデビュー曲で2番目のソロを勝ち取ったかなみんに賞賛の拍手を送りたい。ソロパートをありがとうと言いたい。誰に向かったありがとうか分からないけど。




2017年3月、私の推しであった永坂真心ちゃんが学業優先のためグループを卒業。それを機に私はかなみん推しに。


いやあ、かなみん推し楽しい!
面白いくらい成長する彼女を見届けるのが楽しくて楽しくて仕方ないです本当に!!

最新シングル『どどどどどりーまー』はメンバーが4人ということもあり、かなりの歌割りの多さ。よし。間違いなく歌唱力がアップしているのが目に見えて嬉しい。



もちろん台詞もあるけど、他メンバーもめちゃくちゃ喋ってるので別に悪目立ちすることもない。

注目すべきは3:15のスロー再生のシーン。かなみさんはリズム感が無いため、ジャンプさえも1人だけ遅い。可愛い。



かなみんがファンミで読んだ未来の自分への手紙。


「『土っきゅん♡少女‼︎』の歌割りを受け取った時、すごくショックだった」

「自分はグループに必要なのだろうかと悩んだ時もあった」


あの時の悔しさが、今の原動力になっているのかなと思う。

念願のソロ曲にも1つだけ台詞がある。「私を見つけてくれてありがとう」という一言。この一言で、今までかなみん推しが感じてきた苦労や辛い気持ちを救うことができたのではないだろうか。



自分に歌のセンスがないなんて言い訳せず、上へ上へと健気に突き進むかなみんをこれからも精一杯応援したい。

新メンバーが入ろうと、私はかなみんを選びます!!!




*1 ももいろクローバーZ私立恵比寿中学などが所属
*2 https://youtu.be/v0v9K6zsZDE